FXパソコンに必要な性能を考える




筆者が考えるFXパソコンの最低性能はWindows OS、約2.8GHz以上の2コアCPU、4GBのメモリ、1366×768以上の画面解像度、高速なインターネット環境です。

この動作環境は、様々なFX業者の中でも最も高い推奨環境であるDMM FXと外為ジャパンFXにあわせています。

これを上回る性能を持つパソコンを用意することで、どの取引業者を利用しても問題なく取引できまず。もちろん、他のFX業者はもう少しグレードの低い環境を利用しても大丈夫です。

各FX業者の推奨動作環境を下回る場合、取引画面の表示遅延や、CPUの過熱によるフリーズが生じる場合があります。もし、現在既に取引のある業者があれば、提供するツールの動作環境を調べてみることをオススメします。

証券会社やFX業者が提供するアプリは、Windows OS上でしか動作しないアプリケーションも存在しています。もしあなたが初めてパソコンを利用するなら、Windowsが適していることも考え、以下はWindows前提で話を進めます。

スポンサーリンク

快適なFXを実現するための推奨動作環境

様々な業者を不自由なく利用できるスペック

冒頭のWindows OS、約2.8GHz以上の4コアCPU、2GBのメモリ、1366×768以上の画面解像度、高速なインターネット環境という推奨動作環境は、様々なFX業者・証券会社の動作環境を参照し、最も高いスペックにあわせた環境です。

以下の表は各FX業者で利用する取引ツールの推奨動作環境(or 最低動作環境)を抜粋したものです。

取引業者 取引ツール名 CPU メモリ
DMM FX
外為ジャパン
DMM FX PLUS
外為ジャパン PLUS
Intel Core 2 Duo
2.93GHz以上
2GB
DMM FX
外為ジャパン
DMM FX STANDARD
外為ジャパン FX Pro
Intel Core 2 Duo
1.4GHz以上
2GB
外為どっとコム Webブラウザ版 1GHz 2GB
SBI FXトレード リッチクライアント Intel Core 2 Duo
2.00GHz
2GB
SBI FXトレード Webブラウザ版 Pentium4 3.00GHz
相当以上
1GB
GMOクリック証券 Webブラウザ版 1GHz 2GB
YJFX Desktop Cymo Intel Core 2 Duo以上 1GB
楽天証券 MARKET SPEED FX 3.0GHz以上 2GB
楽天証券 楽天 FX-WEB Windows
2.33GHz以上
Mac
Intel Core Duo 1.83GHz
Windows
128MB
Mac
256MB

最も高い推奨動作環境を求めるのは、DMM FX(外為ジャパン)が提供するDMM FX(外為ジャパン)PLUSで、様々な情報を同一画面に表示するために、どうしても多くの処理が必要になるためと考えられます。

DMM FX / 外為ジャパンを利用する場合に必要なパソコンのスペックは?
FX取引業者として有名なDMM FXの取引ツール。 実はフル活用するためには高いスペックのパソコンが必要だって知っていました? この記事では、DMM FXおよび、同じDMM.com証券が運用する外為ジャパンの取引ツールの...

以上より、DMM FX(外為ジャパン)PLUSにあわせれば良いと考え、冒頭の動作環境をご紹介しています。

DMM FX(外為ジャパン)PLUSを除けば、CPUはおおよそ、1.0~1.4GHz以上ならば要求動作環境を越えます。

DMM FX(外為ジャパン)以外のユーザーなら、Windows OS、約1.4GHz以上の2コアCPU、2GBのメモリ、1366×768以上の画面解像度、高速なインターネット環境ならば、最低限FXはできるはずです。

余談:MT4の動作環境

参考程度にMT4(自動取引ツール)の動作環境も掲載しておきます。

取引業者 CPU メモリ
MT4システム動作環境 | 外為ファイネスト 1.2GHz以上
推奨:2GHz以上
1GB以上
推奨:2GB以上
MT4の使い方 | OANDA FX Lab-education 1GHz以上
推奨:2GHz以上
512MB以上
推奨:1GB以上
MT4を利用するために必要なパソコンのスペックは?
FXの取引をサポートするツールは様々ありますが、その中でも一定の人気があるものに「MT4」があります。 MT4なら、 様々なテクニカル分析を行ったり 自動売買システム(EA)を使ったり と、様々な...

具体的な性能は、各業者の取引環境をチェックしよう

実際のところ、取引環境のスペックは、あなたがお使いのFX業者に依存しますので、必ずしもDMM FXの環境に合わせなくても大丈夫です。

例えば、GMOクリック証券をお使いならば、CPU 1GHz以上、メモリ 2GB以上のパソコンを用意すれば最低環境を満たします。

その程度のスペックならば、現在市販のパソコンの大半は満たしています。

DMM FX・外為ジャパン

DMM FX / 外為ジャパンを利用する場合に必要なパソコンのスペックは?
FX取引業者として有名なDMM FXの取引ツール。 実はフル活用するためには高いスペックのパソコンが必要だって知っていました? この記事では、DMM FXおよび、同じDMM.com証券が運用する外為ジャパンの取引ツールの...

SBI FXトレード

SBI FXトレードを利用する際に必要なパソコンのスペックは?
SBIFXトレードは、1通貨単位からFX取引できたり、積立FXなど、独自のサービスを提供するFX業者です。 同社の取引ツールの環境は、Windowsに限定されるものの、パソコンのスペック自体は高いものを求めません。 以下...

楽天FX(楽天証券)

楽天証券の楽天FXを利用する際に必要なパソコンのスペックは?
楽天証券の楽天FXに関心をお持ちですか? 筆者は楽天証券ユーザーですので、本記事では楽天FXで利用できる「MARKET SPEED FX」と「楽天 FX-WEB」について、それぞれ実際に動かして比較してみました。 楽天証券 ...

FXに最適なパソコンを選定するために

パソコンの性能に関する基本的な用語は下記をご覧ください。

パソコンのスペックってどこをどう見ればいい?
初めてパソコンを選ぶ際に、メーカーと外見以外の情報って、なんだか良くわからないって感じたことはありませんか。 店頭でパソコンを購入する時、店員さんに説明を聞いたとしても、なんだか良くわからない数字がたくさん並んでいて混乱するはず。 ...

OSは?

Windowsをオススメします。

取引を行うためには、インターネット接続が必要ですので、Windows XPなどの古いパソコンは利用できません

FXパソコンのOSはどのように選ぶ?
現在主流のOSはWindowsとMac OSです。Windowsは特に企業での利用が多いため、もっとも普及が進んでいるOSと言えます。 FX取引ツールがWindows限定ならWindowsの乗ったパソコンを、Macにも対応しているなら...

現在主流のWindows 7はすでにメインストリームサポートを終えているため、中古で買う場合もWindows 8以降(8.1含む)が良いです。

Mac OSは、対応していないソフトがあるなど、FXをやる上でのデメリットになる可能性があります。

FX用途のパソコンにMac OSを選んでも大丈夫?
例えば、「スマホでiPhoneを使っているから」という理由でMacbookやiMacを買いたくなることってありますよね。 ただ、そのような時に気になるのが「Mac OSでFXはできるのか」ですよね。 結論から述べると、M...

CPUスペックは?

CPUは一般的に、Hzで示されるクロック周波数とコア数がともに多いほど優秀です。

CoreとPentiumとCeleronの違いは何か
CPUは型番や種類に価格と性能が異なります。定性的にはCore ixの数字が高いほど高性能です。PentiumやCeleron、Atomは廉価版として位置づけられています

CPU速度が遅い場合、チャート画面の描画遅延などが生じる可能性があります。

スキャルピングのように、短時間取引したい場合には、CPU速度にはこだわったほうが良いです。

最低でも2GHzは欲しいです。

また、CeleronやPentiumなどの廉価版CPUは、性能が低いため、選択肢からはずしたほうが良いと思います。

インテルのCPU「Pentium(ペンティアム)」の性能について初心者向けに解説する
パソコンを選ぶ際に難しく感じるのが、パソコンの性能を示すパラメータが非常に多く、「何をどう見れば良いのかがわからないこと」です。 そのため、適当に選んで買ってしまうと、あとあと「パソコンの動作が重い」「パソコンは不便なものだ!...
インテルのCPU「celeron(セレロン)」の性能について初心者向けに解説する
パソコンを選ぶ際に難しく感じるのが、パソコンの性能を示すパラメータが非常に多く、「何をどう見れば良いのかがわからないこと」です。 そのため、適当に選んで買ってしまうと、あとあと「パソコンの動作が重い」「パソコンは不便なものだ!...

メモリ容量は?

メモリは数値が多いほど優秀です。

FX以外にもウェブブラウジングなどを行う事を考えると、最低でも4GBは欲しいところです。

HDD/SSD容量は?

FXにおいて取引そのものでHDDやSSDに何かを保存することはありませんので、HDD/SSD容量は特に気にする必要がありません。

しかし、あなたが写真撮影の趣味を持っていたり、友達や家族の動画撮影が好きだったりするならば、容量が多めのもの(例えば1TB)を選んでください。

特に動画は短いものでも大きな容量を使いますので、容量にこだわったほうが良いです。

メモリとストレージ(eMMC/HDD/SSD)の違いは何か
メモリは一時的にデータを保存する場所の大きさ、ストレージ(eMMC/HDD/SSD)は長期的にデータを保存する場所の大きさです。どちらもGB表記されるために、この両者の違いがわからないと感じることが多いと思います。

FX業者の推奨環境に出てこないが、こだわったほうが良い性能

ビデオボードと拡張スロットと電源

マルチディスプレイ環境でFX取引を行うならば、拡張スロットへグラフィックボードの増設が必要です。

FXトレーダーが4枚も5枚も液晶モニターを利用できるのは、マルチモニター環境構築に適したグラフィックボードを増設しているからです。

FXに必要なパソコンの台数は何台?
例えば、あなたがFXに興味を持ったとして、FXトレーダーの部屋の写真などを見たら、「うわ!液晶ディスプレイいっぱいあるけど、この人パソコン何台持ってんの!?」って思いますよね。 もしかして、パソコンいっぱい買わないとFXできないの...

グラフィックボードを増設するには、拡張スロットの形ケースの大きさ、そして電源容量を考慮する必要があります。

映像入出力にまつわるインターフェース

マルチディスプレイ環境を実現するなら、マザーボードとグラフィックボードのコネクタ(インターフェース)の数も重要です。

画面出力に関わるコネクタには以下のような物があります。

  • VGA(D-Sub15ピン)
  • DVI-I/DVI-D(DVI-D24ピン)
  • HDMI
  • DisplayPort

あとはこれらの入力に対応するモニターを用意し、それぞれを接続すればマルチディスプレイ環境は完成です。

あまり気にしなくて良い性能

FXの取引ツールに良く使われる技術(ソフトウェア)

Adobe Flash Player、.NET FrameworkやMicrosoft Silverlightは取引ツールの母体としてよく利用されており、取引前にパソコンにインストールする場合があります。

当然ながら、これらソフトウェアの動作環境以上のパソコンでなければいけないのですが、2018年現在で発売されているパソコンはおおよそ、これらソフトウェアの必要動作環境よりもはるかに高性能であることが多いので、あまり気にする必要はありません。

デスクトップパソコンなら、動作性能を満たす!

Windows OS、約2.8GHz以上の4コアCPU、4GBのメモリ、1366×768以上の画面解像度、高速なインターネット環境を満たすパソコンは、特にデスクトップパソコン(液晶一体型を除く)であれば容易に入手できます

一方、ノートパソコンや液晶一体型は、これより性能が劣るものが多いため、高価なハイエンドモデルかそもそも選択できないです。

据え置きになるものの、デスクトップパソコンを用意するのが良いと思います。

まとめ

  • FXパソコンに必要な性能はWindows OS、約2.8GHz以上の2コアCPU、4GBのメモリ、1366×768以上の画面解像度、高速なインターネット環境を推奨
  • 実際には、FX業者ごとに提供する取引ツールの動作環境が異なる。あなたが使っている(使ってみたい)業者の取引ツールの動作環境を調べてみよう
  • より性能が高いパソコンを選ぶならデスクトップを。デスクトップパソコンなら、マルチディスプレイも実現しやすい

ここまで挙げてきた性能を満たすパソコンは、デスクトップパソコンなら、容易に入手できます。

ノートパソコンで選ぼうとすると、(ノートパソコンでやる必要がないほどに)無理な構成になる可能性がありますので、できればデスクトップパソコンを選ぶことをオススメします。

もしも選択に困ったら

選択に困ったら、パソコン工房のトレーディングモデルのように、最初からデイトレを目的としたモデルを買えば良いです。

パソコン工房のトレーディングパソコン
パソコン工房が販売するトレーディングパソコンは、数あるBTOメーカーのパソコンの中でもっとも株・FXに親和性をもたせて販売されています。液晶やケーブルなど全て一式で購入でき、設置サポート設けられるのが特徴です(1画面モデルを除く)

コメント