FXパソコンのOSはどのように選ぶ?




現在主流のOSはWindowsとMac OSです。Windowsは特に企業での利用が多いため、もっとも普及が進んでいるOSと言えます。

FX取引ツールがWindows限定ならWindowsの乗ったパソコンを、Macにも対応しているならWindowsでもMac OSでも良いです。

もしFX以外にゲームなどをやりたい場合には、Windows限定のゲームもありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

そもそもOSが違うと何が違うの?

現在のパソコンは、OS(オペレーティングシステム)が異なっていてもインターネットが出来たり、文書が作成できたりと、できることに大した差が無いようになっています。しかしながら、内部の動作の仕組みは異なるため、WindowsもMac OSも同じものと考えると失敗する恐れがあります。

OSとは、パソコンを動かす為の基本ソフトウェアのことを言います。OSは「癖」や「考え方」のようなもので、WindowsとMac OSでは考え方が違います

これはパソコンを動かす為の最低限度の機能しか持たないため、私たちはアプリケーションをインストールしてパソコンの機能を拡張しています。

WordやExcelなどのアプリケーションがその代表例です。

私たちが追加でインストールするアプリケーションは、その癖や考え方にあわせて作られています。
つまり、Windows用のソフトウェアはWindowsでしか動きませんし、Mac用のソフトウェアはMacでしか動きません

Windows専用や、Mac専用のソフトウェアが存在するのはそのためです。

現在主流のOS

現在主流のOSはWindowsとMac OSです。それぞれ内部バージョンの違いがあり、Windowsなら7や8.1、10など、MacならばMac OS v10.10など細かく分かれています。

2015年現在最も普及しているのは、Windows 7です。すでにメインストリームから外れたOSですが、特に企業で利用されることが多いため高いシェアを持ちます。

LinuxはWindowsとMac OSよりも普及程度が低いOSで、コアユーザー向けです。Chrome OSはGoogleが普及を狙う低廉価PCでのOSですが、同社が提供するAndroidほどの普及度はありません。

WindowsとMac OSの2つがあることを知ってください。

FX取引にはWindowsとMac OSのどちらが良い?

各社提供の取引ツールにはそれぞれ動作環境が定められています。これに従いOSを選択するのがよいです。

FXパソコンに必要な性能を考える
筆者が考えるFXパソコンの最低性能はWindows OS、約2.8GHz以上の4コアCPU、4GBのメモリ、1366×768以上の画面解像度、高速なインターネット環境です。本記事では、その理由を紹介します。

FX取引ツールがWindows限定ならWindowsの乗ったパソコンを、Macにも対応しているならWindowsでもMac OSでも良いということです。

WindowsかMac OSで迷ったら、前者を選ぶのが無難です。企業で利用されているため、スムーズに取り付きやすいからです。

あなたがiPhoneやiPadを保有しているなら、Mac OSのパソコンも良いと思います。同一メーカーでそろえるとなんだかスタイリッシュだからです。

Mac OS利用時のデメリット

FX用途のパソコンにMac OSを選んでも大丈夫?
例えば、「スマホでiPhoneを使っているから」という理由でMacbookやiMacを買いたくなることってありますよね。 ただ、そのような時に気になるのが「Mac OSでFXはできるのか」ですよね。 結論から述べると、M...

世の中の多くの事柄はWindowsを前提に考えられているため、Mac OSを利用すると使い勝手などで不便に感じることもあるはずです。

FX取引ツールを除けば、Windows限定のソフトウェアなども多く存在します。

特にPCでゲームなどFX以外の何かをしたいときに、Mac OSは非対応な場合も多々ありますのでご注意ください。

まとめ

以上のように、現在多くのソフトはWindowsを前提にするため、特にこだわりがないのであればWindowsのパソコンを選んだほうが良いです。インストールして利用する取引アプリは、ほぼ例外なくWindows前提で作られていますので、お使いの業者の取引動作環境もチェックしてみてください。

コメント