FX用途のパソコンにMac OSを選んでも大丈夫?




例えば、「スマホでiPhoneを使っているから」という理由でMacbookやiMacを買いたくなることってありますよね。

ただ、そのような時に気になるのが「Mac OSでFXはできるのか」ですよね。

結論から述べると、Mac OSはFXに対する強いメリットは無いが、デメリットは生じる可能性があります。

もしあなたが、

  • すでにFX業者を利用しているならば、先に取引ツールの動作条件を
  • これからFX業者を利用するならば、Mac OSに対応した取引業者を

それぞれチェックすることで、不都合なくFX取引に参加できるようになるはずです。

スポンサーリンク

Macを使うことで不都合があるかも

結論から述べると、FX用途のパソコンとしてMacbookやiMacなどを選ぶことはあまりオススメできません

理由は以下の通りです。

リッチアプリ(インストールして使うアプリ)を使えない場合がある

リッチアプリ(インストールして使うアプリ)はWindows向けに限られる場合があります

例えば、SBI FXトレードのリッチクライアント版取引ソフトはWindows限定です。

SBI FXトレードの取引ツール|SBI FXトレード
当社でご利用いただける取引ソフトであるリ...

最近では、Adobe Airという技術を使って、WindowsとMac OSの両方に対応するソフトもリリースされています。

Cymo NEXT TOP | FXトレードツールアプリ
Cymo NEXT TOP | CymoはあなたのスムーズなFX取引を実現するために生まれた究極のFXトレードツールアプリです。

が、当たり前のように利用できるWindowsとは異なり、Mac OSへの対応は不十分な業者があることは知っておくべきです。

ウェブブラウザ版じゃダメなの?

ウェブブラウザ版(インストールせずに、SafariやChromeから開く取引ツール)の場合、若干描画が遅れる可能性があります。

より正確性を重視するなら、インストールして使うタイプを利用したほうが良いです。

十分に動作テストされていない場合がある

例えば、外為オンラインを利用するための動作環境はWindowsに限られています。

取引システムについて|FX|外為オンライン FX取引 − あなたの為の、外為を。
外国為替証拠金取引(FX)の外為オンライン&#1239...

実際にはMac OSでも動くはずなのですが、Macではテストされていないようです(同社のツールで使われるAdobe Flash PlayerはWindows/Mac共通)。

Macを使うということは、このようなテストされていない環境、つまり表示の不具合などが生じる可能性がある環境下での取引になるかもしれないリスクを抱えています。

先に利用するFX業者の取引環境をチェックしよう

というわけで、FX用途のパソコンとしてMacを購入する前に、FX業者が提供する取引ツールの動作環境をチェックすることをオススメ

問題がないことをチェックしてからパソコンを購入するか、それとも取引する業者を別にするかを考えましょう。

FX取引業者のMac対応状況

なお、以下は参考までに2018年6月現在で、著名なFX業者のMac対応状況をまとめたものです。

業者名 リッチアプリ ブラウザアプリ
YJFX
CymoNEXTのみ対応
マネースクエア
SBI FXトレード ×
(推奨環境外)
外為オンライン
(推奨環境外)
外為どっとコム
DMM FX
外為ジャパン

逆にMacでFXをするメリットってある?

特にありません。

せいぜい、スタバなどのコーヒーショップでリンゴマークを自慢できるぐらいですかね。

MacとWindowsでなんでこんなに扱いが違うの?

現在普及しているパソコン用のOSは圧倒的にWindowsです。

その上で、Mac OSとWindowsは内部の仕組みが異なるので、必然的にWindows優先でアプリ開発などが行われるためです。

FXパソコンのOSはどのように選ぶ?
現在主流のOSはWindowsとMac OSです。Windowsは特に企業での利用が多いため、もっとも普及が進んでいるOSと言えます。 FX取引ツールがWindows限定ならWindowsの乗ったパソコンを、Macにも対応しているなら...

なお、ウェブブラウザ版についてはWindowsもMac OSも共通に動作するはずですが、それをテストしていないのはFX業者の怠慢(笑)です。

余談:仮想マシンを使えば、MacでWindows用ソフトも動く

例えば、VMware FusionをMacにインストールし、VMware Fusion上に仮想のWindowsデスクトップ環境を構築すれば、そのWindows上で、上述のリッチアプリなどをインストール・利用することが可能になります。

が、特にMacbookなどノート型の場合は、VMware FusionとWindowsをインストールした時点で、動作が重くなってきますので、現実的に取引に利用できるかは怪しいです。

まあ、一応1つの方法として挙げておきますが。

タイムラグなどを気にされるなら、普通に止めたほうが良いです笑

まとめ

  • Mac OSでもFXはできる・・・が、Windowsとは異なり不都合が生じる可能性がある
  • インストールして利用するタイプのアプリケーションは使えない可能性がある。Windows限定ではないか、事前に要チェック
  • ウェブブラウザ版はSafariを通じて利用できるが、FX業者の推奨動作環境ではないので、表示化けなどの可能性

Macを選ぶ強いメリットは無いが、逆にデメリットはある」というのが率直なところです。

日常的にMacを使いたい理由が無いならば、普通にWindowsを選んだほうが良い結果になると思います。

コメント