SBI FXトレードを利用する際に必要なパソコンのスペックは?




SBIFXトレードは、1通貨単位からFX取引できたり、積立FXなど、独自のサービスを提供するFX業者です。

同社の取引ツールの環境は、Windowsに限定されるものの、パソコンのスペック自体は高いものを求めません。

以下では、SBI FXトレードのサービスを快適に利用するために、各取引ツールの動作環境と、その環境に適したパソコンの構成を紹介します。

スポンサーリンク

SBI FXトレードの動作環境は?

リッチクライアント版とウェブブラウザ版があるよ

取引業者 取引ツール名 CPU メモリ
SBI FXトレード リッチクライアント Intel Core 2 Duo
2.00GHz
2GB
SBI FXトレード Webブラウザ版 Pentium4 3.00GHz
相当以上
1GB
FXパソコンに必要な性能を考える
筆者が考えるFXパソコンの最低性能はWindows OS、約2.8GHz以上の4コアCPU、4GBのメモリ、1366×768以上の画面解像度、高速なインターネット環境です。本記事では、その理由を紹介します。

SBI FXトレードには、パソコンにインストールして利用する「リッチクライアント」版とウェブブラウザ経由で取引する「WEB版取引サイト」の2つがあります。

理想的には、パソコンのインストールして利用するリッチクライアント版のほうが、安定動作と拘束動作を見込めるので、通常はそちらを使うことを前提に考えると良いと思います。

Intel Core 2 DuoってどんなCPU?

Intel Core 2 Duoは2006年に発売されたインテル製のCPUです。

Intel Core 2(インテル コア ツー)はインテルが2006年7月27日に発表した、x86命令セットを持つCPU用のマイクロプロセッサ。

Intel Core 2 - Wikipedia

2018年現在のCPUは、廉価なものであっても、Intel Core 2 Duo以上の性能を持っています

Pentium 4って

Pentium 4は2000年に発売されたインテル製のCPUです。

Pentium 4(ペンティアム・フォー)は、インテルが製造したNetBurstマイクロアーキテクチャに基づくx86アーキテクチャのマイクロプロセッサ(CPU)に付された商標である。集積トランジスタ数は4200万。最初の製品は2000年11月20日に発表されその当初は単一の商品名と目されていたが、その後も後継のプロセスルールで製造および販売展開され、製品シリーズを指すブランドになった。

Pentium 4 - Wikipedia

Pentiumの名を冠するCPUは2018年現在も発売されていますが、それらはPentium 4とは別物です。

現行のPentiumシリーズは廉価製品に位置づけられていますが、性能的にはPentium 4を遥かに上回ります。

インテルのCPU「Pentium(ペンティアム)」の性能について初心者向けに解説する
パソコンを選ぶ際に難しく感じるのが、パソコンの性能を示すパラメータが非常に多く、「何をどう見れば良いのかがわからないこと」です。 そのため、適当に選んで買ってしまうと、あとあと「パソコンの動作が重い」「パソコンは不便なものだ!...

要するに

よっぽど時代遅れなパソコンを使っていない限りは、Intel Core 2 DuoやPentium 4以上の性能は持っているとお考えください

SBI FXトレードを快適に利用するためのパソコンは?

Windowsパソコンを選ぼう

SBI FXトレードのリッチクライアント版はWindows環境での利用に限定されています。

そのため、同社でFXを利用するならば、Windows PCを購入したほうが良いです。

ウェブブラウザ版はMac OSでも動く可能性がありますが、

※Mac、iPad、Androidのタブレット端末は当社推奨環境外です。

SBI FXトレードの取引ツール|SBI FXトレード
当社でご利用いただける取引ソフトであるリ...

と注釈がついており、きちんと動くかどうか分かりません。

オススメのスペックは?

SBI FXトレードを使うなら、

  • Windows 10以上
  • デスクトップPC・ノートPC
  • CPU:Core i3以上(core i5の省電力モデル程度ならば快適)
  • メモリ:2GB以上(できれば4GB以上)
  • WXGA (1366 × 768)以上のディスプレイ

を選んでおけば大丈夫です。

同社の取引ツールはそこまで高い動作環境を求めませんので、一般的なパソコンでも十分取引できます。

注意点:廉価版CPUの搭載されたパソコンは選ばない

  • Celeronでクロック周波数の低いもの(特にノートパソコン)
  • Pentiumでクロック周波数の低いもの(特にノートパソコン)
  • Atom搭載モデル

は、CPUの性能が低く、動作を重く感じる可能性があるため、避けた方が無難です。

積立FXはどう?

積立FXとは?

SBI FXトレードが提供する外貨投資の1つで、1~3倍(人民元と南アランドは1倍~2倍)のレバレッジをかけて通貨を積み立て購入できるサービスです。

  • レバレッジを低く抑えているので、リスクも抑えてあり、ロスカットの可能性が極めて低い
  • レバレッジをかけることで、通常の外貨預金などよりも高いリターンを期待できる

といったメリットがあります。

積立FXを利用するならば

ウェブサイトから会員ページにログインして利用できますので、特別なツールなしに取引できます。

ロースペックなパソコンでもインターネットができれば十分です(ただし、Windows XPのような、サポート期限の切れたパソコンは使わないこと)。

スマホでの取引にも対応していますので、万が一にパソコンでは上手く取引できなかったとしても、スマホを利用すればなんとかなります。

まとめ

  • SBI FXトレードを利用する場合にはWindows PCを用意しよう。特にリッチクライアント版はWindowsでしか動作しない
  • 要求スペックはそこまで高くないので、一般的なノートパソコンを選んでも大丈夫。CPUはCore i3以上のCoreシリーズから選びたい
  • 積立FXはブラウザ経由で取引できるので、インターネットできるパソコンならOK

もし、あなたがMacユーザーで同社の口座開設を行った場合には、スマホから取引なさってください。

スマホであれば、AndroidでもiPhoneでも動作しますから。

もし、SBI FXトレードを利用するためのトレーディングパソコン選びに困ったら、パソコン工房のトレーディングモデルなどを検討してみることをオススメします。

パソコン工房のトレーディングパソコン
パソコン工房が販売するトレーディングパソコンは、数あるBTOメーカーのパソコンの中でもっとも株・FXに親和性をもたせて販売されています。液晶やケーブルなど全て一式で購入でき、設置サポート設けられるのが特徴です(1画面モデルを除く)

コメント