FXにMicrosoft Officeは必要か?




FXにMicrosoft Officeは必要か?という検索があったために回答として記載してみます。

説明不要でしょうが、Microsoft Officeとは、Microsoft社が販売するWord、Excel、PowerPointなどのオフィススィートのことで、特に大学や職場などで使う機会の多いソフトです。

Microsoft Office - 家庭やビジネスで活用できるソフトウェア
Microsoft Officeの製品について紹介しています。家庭向...

2018年現在、わざわざOffice付きのパソコンを選ぶ必要はありません。

仮に為替レートなどを記録したい場合であっても、Google スプレッドシートのように、無料で使えるオフィススィートもあります。

Google スプレッドシート - オンラインでスプレッドシートを作成、編集できる無料サービス
パソコン、スマートフォン、タブレットのどこからでも新しいスプレッドシートを作成して、他のユーザーと同時に編集。インターネットに接続していなくても作業を継続でき、Excel ファイルも編集できる、Google の無料サービスです。

むしろオンライン上で利用できるという利便性から、Google スプレッドシートのほうが便利に使えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

Officeは不要

FX取引そのものにOfficeは不要です。FXとOfficeにお互い依存関係はありませんので、それらのソフトを持ってなくても持っていてもFXはできます。

例えば、ノートパソコンにはOfficeを付属させて販売しているパッケージもありますが、FXには不要ですから、そのようなパッケージを敢えて買う必要はありません。

自発的に取引記録をつける場合に

例えば、自主的に取引記録や収支記録をつける時に、特にExcelがあると便利かもしれません。
筆者も複雑な利回り計算などをする時はExcelで計算することも多いです。

ただ、近年はExcelである必要はなく、例えばGoogleスプレッドシートのような無料で利用できる表計算ソフトもあるので、やはり敢えてExcelである必要はありません。

例えば、Googleスプレッドシートは、その機能を使って為替レートを取得することができます。
スクレイピングと呼ばれる手法で、為替レート配信サイトの情報をコピーしてくるものです。

わざわざ手打ちで現在のレートを入力するよりなら、決められたタイミングで自動的にデータを取れたほうが楽で便利ですよね。

というわけで、Excelはあれば便利かもしれませんが、なくても構わない、といったところです。

コメント