FXにMicrosoft Officeは必要か?

アプリケーション




FXにMicrosoft Officeは必要か?という検索があったために回答として記載してみます。

説明不要でしょうが、Microsoft Officeとは、Microsoft社が販売するWord、Excel、PowerPointなどのオフィススィートのことで、特に大学や職場などで使う機会の多いソフトです。

Microsoft 365 - サブスクリプションで Office アプリを使用 | Microsoft 365
Microsoft 365 なら、一連のおなじみの Office アプリに加えてインテリジェントなクラウド サービスと高いセキュリティの機能を 1 つのサブスクリプションで利用できます。最適なプランを見つけてください。

2018年現在、わざわざOffice付きのパソコンを選ぶ必要はありません。

仮に為替レートなどを記録したい場合であっても、Google スプレッドシートのように、無料で使えるオフィススィートもあります。

Google Sheets: オンライン スプレッドシート エディタ | Google Workspace
Google Sheets を使用して、オンライン スプレッドシートを作成、編集しましょう。どのデバイスからでもリアルタイムで安全に共有してインサイトを確認できます。

むしろオンライン上で利用できるという利便性から、Google スプレッドシートのほうが便利に使えるかもしれませんね。

Officeは不要

FX取引そのものにOfficeは不要です。FXとOfficeにお互い依存関係はありませんので、それらのソフトを持ってなくても持っていてもFXはできます。

例えば、ノートパソコンにはOfficeを付属させて販売しているパッケージもありますが、FXには不要ですから、そのようなパッケージを敢えて買う必要はありません。

自発的に取引記録をつける場合に

例えば、自主的に取引記録や収支記録をつける時に、特にExcelがあると便利かもしれません。
筆者も複雑な利回り計算などをする時はExcelで計算することも多いです。

ただ、近年はExcelである必要はなく、例えばGoogleスプレッドシートのような無料で利用できる表計算ソフトもあるので、やはり敢えてExcelである必要はありません。

例えば、Googleスプレッドシートは、その機能を使って為替レートを取得することができます。
スクレイピングと呼ばれる手法で、為替レート配信サイトの情報をコピーしてくるものです。

わざわざ手打ちで現在のレートを入力するよりなら、決められたタイミングで自動的にデータを取れたほうが楽で便利ですよね。

というわけで、Excelはあれば便利かもしれませんが、なくても構わない、といったところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました