FX用のパソコンないけどスマホで取引できる?




近年は、FX取引用途のスマホアプリが多数出ているため、あなたがパソコンを持っていなくとも、FXを始めることは可能です。
FX業者に口座を開設し、スマホアプリをインストールするだけです。

スマホでの取引は、どこにいっても(電波さえ来ていれば)取引できるという特徴があります。
一方で、画面がせまいために、取引画面やニュースのタイムライン画面などを、その都度わざわざ遷移しなければいけないという不便さをもあります。

取引業者にもよりますが、最初から高額なパソコンと多数の液晶ディスプレイを買い揃える必要はありません。
まずはノートパソコンを一台買ってみて、パソコントレーダーデビューしてみるのもよいと思います。

スポンサーリンク

はじめに

近年はスマホだけで取引が完結できるために、必ずしもFX用途のパソコンがなくても良い状況になっています。
パソコンがないからFXができない、という納屋位は過去のものになりました。

FX用途のパソコンをお持ちでないあなたでも、スマホを通じでFXはできるのです。

ただ、パソコンを利用したFXとスマホを利用したFXでは、取引環境や利便性において少々差が出ます。
正直なところ、どちらが良いかはあなた次第です。
筆者はちょっとスマホオンリーは無理かなーと思っています。

そんなわけで、パソコンを用いたFXとスマホを用いたFXのちょっとした違いについて触れてみたいと思います。

スマホでFXをやる

冒頭で述べた通り、近年はスマホだけでFXの取引を完結できます。
各業者は、iOS/Android向けに取引用の無料アプリを出しているので、業者のアカウントを使ってログインすることで、その日からスマホトレーダーになることが可能です。

あなたがこれからお試しでFXをやってみたいならば、そちらがお手軽かもしれませんね。

一般に、スマホだけで完結させるメリットとデメリットは以下のようなものが考えられます。

スマホでFXをやるメリット

メリットは、外出中も自宅でも手軽に取引できること。
例えば、昼間どこかでご飯を食べている時でも、夜ベッドやソファーの上でごろごろしている時でも、スマホがあればチャートや損益を確認できます。

また、パソコンを持たない人は多くとも、スマホを持たない人は多くないため、パソコンを準備する、というコストをかけることなくFXを始められる点も大きいです。
繰り返しになりますが、FX業者の口座さえもっていれば、いますぐスマホアプリを通じて取引を開始できるのです。

電車の中でアプリをインストールして・・・などと、環境セッティングを移動中でもできるんですよね。
この機動性には、パソコンはどうやっても敵いません。

スマホでFXをやるデメリット

デメリットは、一般にスマホでのFXアプリは一枚の画面にはすべての情報が収まらないので、操作が多くなり、視認性が悪いことです。

例えば、

  • 通貨を買う(売る)画面
  • チャート画面
  • ニュースのタイムライン
  • その他アカウント情報など

と複数の画面を行き来することになります。
特に取引のスピードが要求される画面では、その画面の切り替え(多くは通信を必要とする)に煩わしさを感じると思います。

例えば、雇用統計発表時に、雇用統計の結果を見るためにニュースタイムラインページにアクセス・・・などとしていれば、その間に為替は大きく動いているはずです。
ページを遷移している間に、利益の機会を逃すばからいか、大きく損失を被ってしまうかもしれない点が怖いところです。

筆者は、後者のデメリットを感じる派です。

FXパソコンを買うのも良いよ!

以上のように、パソコンがないあなたでもFXはできますが、スマホならではメリット・デメリットがあることは上述の通りです。
パソコンを導入することでぼろ儲け・・・になるかはわかりませんが、自宅でじっくりと構えて取引したいならば、FX用途のパソコンを購入することをお勧めいたします。

FX用途のためにどのようなパソコンを買うか難しければFXパソコンに必要な性能を考えるデイトレに適したパソコンってある?を参考になさってみて下さい。
なお、購入の際には、あなたが現在お使いのFX業者の推奨取引環境などをチェックしておくことをお勧めいたします。

コメント