ハイスペックノートパソコンの具体例とFXに使うメリットとデメリット




BTOメーカーが販売するノートパソコンのうち、全ての業者をストレス無く利用できると思われるものをピックアップしました。かなりスペックの高いものを選んでいますので、FX用途以外のもPCゲームなんかにも適しています。

取引に適したスペックは、お使いのFX業者によって異なります。

FXパソコンに必要な性能を考える
筆者が考えるFXパソコンの最低性能はWindows OS、約2.8GHz以上の4コアCPU、4GBのメモリ、1366×768以上の画面解像度、高速なインターネット環境です。本記事では、その理由を紹介します。

なお、以下に示すものはかなり性能の高いものを選んでいますので、より汎用的なスペックを選ぶなら 「初心者向けFXノートのおすすめスペック」もぜひご利用ください。

初心者向けFXノートパソコンのおすすめスペック
FXや株取引と、その他一般的な用途をする際にお勧めのスペックを考えてみました。 筆者の恣意的なチョイスであることはご了承ください。 下記に示す性能は、一部の異常に高い動作環境を要求するFX業者では利用に難がありますが、おおよそ多くの...
スポンサーリンク

ハイスペックなノートパソコンは一長一短

そもそも、すべてのFX業者で快適に利用できるようなノートパソコンを入手するのは難しいです。

もし持ち運ぶあてがないのであれば、デスクトップパソコンを買った方がコストも安く、よりよい性能のパソコンを選びやすいです。

弊サイト「FXPC」では、Windows OS、約2.8GHz以上の4コアCPU、4GBのメモリ、1366×768以上の画面解像度、高速なインターネット環境以上のパソコンなら、どのようなFX業者を利用しても問題ないと考えています。

FXパソコンに必要な性能を考える
筆者が考えるFXパソコンの最低性能はWindows OS、約2.8GHz以上の4コアCPU、4GBのメモリ、1366×768以上の画面解像度、高速なインターネット環境です。本記事では、その理由を紹介します。

このスペックは、FX業者の中でも最も要求スペックが高いDMM FXと外為ジャパンの取引ツール(発注版プレミアチャート)を動かすために必要な環境です。

メリット:FX以外にもゲーム用途に利用できる

実はノートパソコンでこの環境(特に4コア2.8GHz以上のCPU)を用意しようとすると、おおよそゲーミングノートを選ぶことになります。ゲーミングノートとは、高画質な映像を求める近年のPCゲームを楽しむ為のノートパソコンです。

デメリット:可搬性が悪い(重い・バッテリー消耗が激しい)

ゲーミングノートは、汎用的なノートパソコンにくらべて、ノートパソコンの可搬性には難が生じる(重い、バッテリーが持たない)場合が多いです。

FX向きのノートパソコンはBTOメーカーが販売している

それでも、ハイスペックなノートパソコンを購入したければ、BTOメーカーが販売するモデルを選ぶことになります。

TSUKUMO N1542Jシリーズ Core i7-4710MQ モデル

BTOメーカーであるTSUKUMOが販売するハイスペックノートパソコンです。TSUKUMOは東証一部上場のヤマダ電機が出資する子会社で、秋葉原の出店する販売店としても知られています。

15.6型フルHD液晶を持つN1542Jシリーズは、外部映像出力に

  • アナログ出力(D-Sub15) x1
  • HDMI出力端子 x1

の2つを持つので、3台(1つはノート本体の液晶)のトリプルディスプレイ環境を構築できます。

CPUは4コアモデルの「Core i7-4710MQ、2.5GHz」で、約2.8GHz以上の4コアCPUにやや劣る性能です。動作環境を下回ったから動かないと言うことはないのですが、それでも雇用統計前後のような値動きの激しいシーンでは、描画遅延が生じるかもしれません。

その代わり、最低価格が12万円程度(カスタマイズ次第で変わる)と、購入しやすいのが特徴です。

CPUのグレードを上げるならば、同社のG-GEAR note N1760Jシリーズも良いと思います。
後発の「Core i7-4720HQ」を採用しており、クロック数が上昇しています。

パソコンショップ「TSUKUMO」

ドスパラ GALLERIA QSK980HES Core i7-6700モデル

国内のBTOメーカーとしてもっとも知られているのがドスパラです。TSUKUMO同様に秋葉原に店舗を構える老舗で、運営は非上場のサードウェイブが行っています。

同社のGALLERIA QSF970HGS QSK980HES Core i7-6700モデルは、

  • Mini-DisplayPort x1 x1
  • HDMI出力端子 x1

の2映像出力を持っており、やはり液晶3枚まで利用可能です。

採用されたCPU「Core i7-6700」はなんとデスクトップ用です。基準クロックが3.4GHzと、デスクトップを含む現行の全てのパソコンの中でもかなりの高性能を誇ります。

ただ価格もよい値段なために、現実的にはノート用のハイエンドモデル「Core i7-6700HQ」を採用したQSF960HEモデルでも良いと思います。その代わり、「約2.8GHz以上の4コアCPU」よりクロック数が0.2下回ります。

【ドスパラ】パーツ・周辺機器は5,000円(税込)以上で送料無料!

他のFX取引業者ならもっと性能低くても大丈夫

DMM FXと外為ジャパンの発注版プレミアチャートに合わせると、CPUのスペックをかなり上げなければいけません。が、DMM FXと外為ジャパン以外のFX取引業者なら、CPUの性能はもう少し下げても大丈夫です。

例えば、外為どっとコムやGMOクリック証券で取引を行うならば、ドスパラのCritea VF-HE10やCritea DX10でも十分です。これらは市販メーカー品とほぼ同等のスペックながら安価で、映像出力が2つ用意されています。

おおよその業者で利用できそうなパソコンのスペックは以下の記事でも示しています。もし、FX用のノートパソコンの選定に興味があれば、ぜひあわせてご覧ください。

初心者向けFXノートパソコンのおすすめスペック
FXや株取引と、その他一般的な用途をする際にお勧めのスペックを考えてみました。 筆者の恣意的なチョイスであることはご了承ください。 下記に示す性能は、一部の異常に高い動作環境を要求するFX業者では利用に難がありますが、おおよそ多くの...

まとめ

  • DMM FXと外為ジャパンの発注版プレミアチャートに合わせると、BTOメーカーのゲーミングノートPCを買うことに
  • DMM FXと外為ジャパン以外の業者なら、もう少しグレードの低いノートパソコンを選んでもOK
  • ハイスペックなノートパソコンは重量が重く、バッテリーの持ちも悪いことが多いので、本当にノートパソコンを利用すべきなのかよく検討しよう

FX用途のノートパソコンを選ぶ際には、基本的に、CPUの性能とマルチディスプレイ構築部分が選択時に重要なポイントです。高性能なノートパソコンを利用したいならば、Core i7という名で、かつ基本クロックが2.5GHz前後のものを選択すると良いです。

ただ、繰り返しますが、ノートパソコンでハイスペックなマシンを選ぼうとすると、どうしても高額な出費を求められます。デスクトップで代用することはできないか、もぜひ考えてみることをオススメします。

コメント