FXパソコン入門

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

外国為替取引(FX)や株取引に利用可能なパソコンを紹介するサイトです。
ライトユーザーの日常利用+FXに適したパソコンの情報を取り扱います。

パソコンってどこで買う?

パソコンを買う場合、その店舗や販売サイトによって、売っているPCの特徴が異なります。 もし、あなたがFX用途のパソコンを欲しているなら、パソコンをカスタマイズして購入できるBTOメーカーの直営店や販売サイトを利用するのが良いです。

一方、パソコンを買う場所としてなじみの高い家電量販店では、国内メーカー製が多いために、費用が高額になりやすい点や将来的な拡張性に難がつく可能性があります。

公開日:2015年11月27日 最終更新日:2015年11月27日 

広告

はじめに

あくまで筆者予想ですが、パソコン利用者がどこでパソコンを入手するかは、利用者のパソコンに対する知識度合いで異なってきます。 あなたはどうでしょう?パソコンに関する知識はどの程度あると思っていますか?

以下では、パソコン販売の主要な形態をご紹介します。

パソコンを売ってるところはこんなところ

家電量販店

ご存知家電量販店は、パソコンのビギナーが最も購入しやすい店舗であると筆者は考えています。

家電量販店でPCを購入する場合、多くの方は店員から説明を受けて購入することになります。 実物を見て、説明を受けて、最終的に納得し(た気になっ)て購入できるのが利点です。

欠点は、国内メーカー品が多いために出費が高額になりやすいことと、店員の実力によって、かならずしもあなたのニーズを汲み取ってくれるとは限らないことです。 あなたがFXのトレーダーなら費用の心配は不要でしょうが。

また、家電量販店で手に入る国内メーカー品は、あくまで一般向けに作られているために、ある機能を求めたときにネックになる場合があります。 それはマルチディスプレイです。

多くのモデルは拡張性が考慮されていないため、ディスプレイを増やしたいと思ったときに制限が生じる可能性があります。

ネット通販

ネット通販でも様々な店舗でパソコンを売っているため、店頭で実物を見ずともPCを購入できる時代になりました。 おそらく、ある程度パソコンをかじっていて、スペック表を見ることが出来れば、ネット通販でも購入できると思います。

ネット通販はいくつかに分けることが出来ます。

  • NTT-X storeなど家電量販店をそのままネットに持って行ったような店
  • ASUS Shopやパナソニックストアなど、メーカー直営の店
  • Dell、TSUKUMO、ドスパラなど、BTOメーカーの店

家電量販店をそのままネットに持って行ったような店は、基本的に家電量販店のネット版と考えていただいて良いです。

メーカー直営の店は、そのメーカーが販売するパソコンや関連商品しか購入できません。 その代わり、店頭にあまり出てこないようなモデルや、アウトレット品、若干のカスタマイズをしたオリジナルのパソコンを買えるのが特徴です。

BTOメーカーの店については後述します。

BTOメーカーの店

BTO(Build To Order)とは、購入者の希望に応じて、カスタマイズすることを前提としたパソコンのことです。 カスタマイズが絡むため、どうしてもパソコン中級者以上でないと購入敷居が高い難点があります。

一般的に、BTOで構築したパソコンは、ほぼ同スペックの国内メーカー品よりも安価になります。 これには、安いパーツを使っている・・・というよりも、国内メーカー品にありがちな「ブランド料」が乗せられていないことが大きいです。 そのため、費用を抑えつつもハイスペックなマシンを欲するあなたには最適かもしれません。

また、カスタマイズ性があることから、マルチディスプレイに対応したマシンを作りやすいのも利点になります。

BTOと言えば、DellやHPが有名ですが、秋葉原に拠点を構えるTSUKUMOやドスパラといった店舗もよく利用されています。 秋葉原に拠点を構える店舗の場合は、実店舗で実機確認も出来るほか、パソコン専門店の店員に相談しやすい利点もあります。

ちなみに筆者PCはTSUKUMOで購入したBTOマシンです。

自作

パソコンの自作は、ほぼ中~上級者の域に入りますので、初めてのパソコン購入で自作を目指すのは難しいと思います。

知識がないと難しい自作ですが、逆に知識があるなら、あなたにとって最強の1台を構築できる可能性があります。 CPUやグラフィックカードをそれぞれ選択できますから、例えばFX用なら多画面出力可能なカードを選択し、それにあわせて電源ユニットも選ぶなど、といった選択が出来るからです。

で、結局どこで買うのが良いの?

FXや株取引を前提としたトレード用のマシンを選択するなら、ネットを通じてBTOマシンを買うのが現実的です。 ある程度の拡張性を維持できること、もしくは最初からマルチディスプレイ対応モデルを買う、という選択ができるからです。

ただ、どうしてもスペック表をある程度見て理解できたほうが良いと思いますので、それが難しいのであれば家電量販店という選択になると思います。 量販店で買う場合には、将来的な拡張性と、購入費用がネックになります。

まとめ

以上が、主にパソコンを販売している経路です。

ちなみに筆者は、1台目は家電量販店で購入(FXに興味が無かった頃)し、それ以降はBTOで購入しています。 自作はなんとなくハードルの高さを感じるため、未だ試せていません。

もしあなたが、現在1台パソコンを持っているなら、それがどういうスペックで、どういったところに不満を感じるか、などを調べたり考えてみたりしてみてください。 そうすれば、今後FX用途のパソコンを選ぶ際に、参考になるはずです。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

広告

パソコン工房外為パソコン

広告

関連記事

サムネイル

[パソコン入門]

パソコンってどこで買う?

パソコンを売っているところをまとめました。 初めての購入なら家電量販店を、スペック表を見ただけでわかるならネット通販、カスタマイズをしたいならばBTOや自作がオススメです。 FX用途ならばBTOが良いかもしれませんね。

サムネイル

[パソコン入門]

パソコンって何に使うの?

若年層を中心にパソコンを持たない人が増えていると言います。 パソコンがあっても何に使うのかわからないのがその理由かもしれません。

サムネイル

[FX向けBTOパソコン]

そもそもBTOパソコンってどんな特徴があるの?

BTOは注文者のオーダーメイドで製造できるパソコンで、市販のパソコンよりも安価で高性能な機種を組みやすい特徴があります。

広告

copyright (C) FXパソコン入門 since 2015 All Rights Reserved.

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、FXパソコンの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がFXパソコン入門(https:https://fxpc.xyz/)であることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。