そもそもFXとか株取引って何?




FX用途のパソコンに関する情報を求めて弊サイトにお越しいただいたなら説明不要でしょうが、一応FXや株式売買のお話も紹介しておきたいと思います。

FXとは外国為替証拠金取引の略称、株取引はそのまま株式売買のことを指します。
すなわち、FXパソコン入門(以下:FXPC)は、為替取引や株式売買時に利用する取引ツールをご紹介するサイトです。

もしあなたがFXや株式に興味があって、まだ始めてない状況なら、まず取引用の口座を開設してみてください。
今は1万円や10万円でも取引可能になっていますから、趣味程度に気軽に始めることができるのです。

ですが、お金を失う可能性がある取引ですから、その点のリスクは把握の上で自己責任で始めるようになさってください。
どうしてもお金を守りつつ運用してみたいのであれば、公社債投信など低リスクな商品への投資をオススメします。

スポンサーリンク

はじめに

FX用途のパソコンを求めて弊サイトにお越しいただいたなら説明不要でしょうが、一応FXや株式売買のお話も紹介しておきたいと思います。

弊サイト「FXパソコン入門(FXPC)」は、為替取引や株式売買など、主にデイトレードやスイングトレードを主体に取引したい方向けのパソコン選定をお手伝いするサイトです。

為替取引や株式売買って?

円やドルなど、通貨に投資を行うことを為替取引と言います
明確に分かれているわけではありませんが、レバレッジをかけない為替取引は外貨預金レバレッジをかける為替取引がFXです。

レバレッジとは「てこ」のことで、いわゆるお金を担保にした借金のことです。
日本国内では、だいたい5万円を口座に入金・担保にすることで、100万円分の通貨を買うことができます(レバレッジは最大25倍と決められています)。

一方、株式の売買は会社に投資を行うことを示します。
「配当金や株主優待を得るために株を買った」という話をテレビでみたことありませんか?

為替取引や株式売買は、いずれも金融商品の取引です。

あなたが投資嫌いだったり、お金は現金で保有するものという意識が強ければ、興味が無い世界かもしれません。
そんなあなたの隣のサラリーマンがスマホで為替取引を行ってる。
現在はそんな時代なのです。

かつては、FXなんてありませんでしたし、株式の売買も証券会社に電話をかけて行うのが一般的でした。
運用に必要なお金も数百万やそれ以上の額が必要で、限られた富裕層のみが許された世界でした。

が、近年は法律の緩和のおかげで、数千円や数万円の少額から各種金融商品を売買できるようになりました
その売買手法も、インターネットにつながったパソコンを利用するのが当たり前になってきています。
さらにスマートフォンの発達も相まって、スマホで資産運用やFXなんてもざらになっています

意外かもしれませんが、20代や30代の若い人にも人気なんですよ。

為替取引や株式売買って怖くない?

ええ、怖い世界です笑

為替や株取引など、金融商品取引は、自身の判断次第で自分のお金を失ってしまう可能性がある世界です。
投資に興味の無い彼らは、お金(現金)を失うなんてとんでもないと考えています。

しかし、必ずしもお金を大きく失う取引だけが金融商品取引ではなく、なるべくお金を保全することに重きを置いた商品なども用意されています。

例えば筆者は株式の売買も行う一方で、安全性の高い公社債投信にも投資を行っています。
聞きなれない言葉でしょうが、公社債投信とは銀行預金よりも少しだけ利回りがよくて、それでいて元本を割る可能性が極めて低い商品の1つです。

金融商品取引で、どの程度のリスクを許容できるかは、私たちが選ぶことができるのです。

なお、FXPCで紹介しているFXとは、元本毀損の可能性が極めて高い取引なので、とても怖い世界です。
もし興味があるのでしたら、FXよりも株式から始めたほうが良いかもしれませんね。

みんななんで投資やFXを始めるの?

身も蓋も無い表現をすれば「お金が欲しい」からです。

日本では、特にリスクを取ることに積極的な富裕層や高年収のサラリーマンほど、積極的に投資を活用する傾向にあります。
これは証券投資にまつわるアンケートなどにも結果が出ています。

収入が少ない人ほど、金融商品は持たず、資産のほとんどが現金なのです。

FXの場合は、変動リスクの大きさを利用して、人生の一発逆転ネタとして始める人もいます。
失敗して、大切な財産をすべてつぎ込んでしまった人もいますが、一方で逆転を実現している人達もいるのです。

まとめ

以上が為替取引や株式売買についての概要です。

コメント