FXパソコン入門

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

外国為替取引(FX)や株取引に利用可能なパソコンを紹介するサイトです。
ライトユーザーの日常利用+FXに適したパソコンの情報を取り扱います。

FXパソコン入門 > FX向けBTOパソコン > BTOメーカーのサポートはどうなってる?

BTOメーカーのサポートはどうなってる?

BTOメーカーの一般的なサポート体制は、1年間の標準無料サポート + 3年間(標準1年 + 延長2年)の延長サポートが基本です。 延長サポートは有償ですが、もし故障が発生したときに無料もしくは格安での修理サポートを受けることが出来ます。

購入直後に問題が生じている初期不良の場合には購入後2週間程度以内に販売元に連絡する必要があります。 また、輸送時の損傷が認められる場合には、荷物を受け取ったときに輸送業者に直接確認してもらう作業も必要です。

パソコンを含む機械が故障しやすいのは、機械の稼動直後と、使い続けて老朽化が進んできたタイミングです。 最初の1年に故障しなければ、その後数年は安定的に動作し続ける可能性が高いため、安価に済ませたいならば延長サポートは不要と考えられます。

公開日:2016年06月26日 最終更新日:2016年06月26日 

広告

はじめに

以下では、主要BTOメーカーの購入後サポートについてまとめます。 BTOって買っても大丈夫?と心配に思う際にでもご覧ください。

なお、参考にしたのは

  • ドスパラ
  • TSUKUMO
  • マウスコンピュータ
  • パソコン工房

の4メーカーです。

1年間無償サポート

どのメーカーも1年間の無償サポートを用意しています。 この期間に正常な利用で故障した場合には、原則無料で修理を受けることが出来ます。

以下のような状況での故障は有償になる場合があります。

  • 保証書などを紛失した場合
  • 火災や地震などの災害や紛争などの異常事態が原因で故障した場合
  • 製品の改造やOS、ドライバの更新を伴う場合

購入後、マルチディスプレイ環境を構築するためのグラフィックカード増設で生じる不具合は保証対象外です。 増設によって生じた不具合を自己解決できないのであれば、最初からグラフィックカード増設済みのモデルを購入したほうが良いです。

また、例えばWindows 7や8.1搭載製品を購入後に、Windows 10に更新したことによって生じる不具合もサポート対象外です。 やはりこちらも良くわからなければ、最初からWindows 10搭載パソコンを買ったほうが良いです。

なお、ノートパソコンにおけるバッテリーの消耗など、使用における損耗は有償での交換になるのが普通です。

初期不良対応は10日~2週間以内

パソコン購入直後から不具合が生じている、いわゆる初期不良発生時には10~2週間以内の申し出が必要です。 また、輸送時のトラブル(明確な損傷がある場合)にも、すぐに宅配業者およびメーカーに申し出る必要があります。

初期不良や輸送時の損傷は、時間が経ってから申し出ても認められないため、商品到着後はすぐに確認するようになさってください。

延長保証

あなたが希望する場合、延長保証を受けることが出来ます。 延長保証を適用した場合、修理代金の減額、もしくは無償での修理を受けることが出来ます。

延長保証は4メーカーとも3年(1年間の標準サポート + 2年の延長期間)と設定しています。 ドスパラだけは2年(1年間の標準サポート + 1年の延長期間)も設けています。

延長保証は有償です。 これに申し込む際は、パソコン購入時にあわせて代金を支払います

代金はおおよそパソコン価格の10%が目安です。 一例として、10万円のパソコンを購入したときの価格は以下のようになっています。

  • ドスパラ・・・PC価格の10%
  • TSUKUMO・・・5,940円
  • マウスコンピューター・・・7,000円以上(センドバック修理の場合)
  • パソコン工房・・・PC価格の10%

もし購入後の故障を懸念されるようでしたら、購入時にあわせて申し込んでおくと良いと思います。

パソコンはいつ壊れるか

ところで、機械の故障率は、機械の稼動直後と運用後の老朽化時に故障率が最も高くなるということが知られています。 時間軸を横軸に故障率とのグラフを描くと、まるでバスタブのようなグラフになることから、バスタブ曲線とも呼ばれています。

このバスタブ曲線にしたがって考えると、パソコンの故障率も最初の1年間が高いと考えられます。 言い換えれば1年間故障無しに利用できたパソコンは、その後の2年目3年目に故障する確率は1年目よりも低いはずです。

それを考えれば、延長保証は必ずしも必要ではないのです。

一方、次にパソコンの故障率が高くなるのは、各種ハードウェアの老朽化が原因です。 その場合は、新製品も多く出ているでしょうから、修理するよりも新しく購入するのが合理的です。

ちなみに「パソコンの調子が悪い」不具合は、ハードウェアの不調以外にソフトウェアの不調が原因である可能性もあります。 その場合はパソコンのメンテナンスを行えば、元通りに直ることも多いです。

BTOは壊れやすいのか

一部でBTOメーカーのパソコンは壊れやすいという説がありますが、筆者はそうは考えていません。 無料保証のようなサービスにおいて、1年目からすぐ壊れるようなパソコンを売っていては、経営は成り立たないからです。

なお、筆者のPC(Dell製、HP製とTSUKUMO製)はそれぞれ4~10年利用していますが、すべて現役です。 今後もBTOを使い続けるつもりです。

まとめ

以上です。まとめると

  • 1年の無料保証
  • 有料オプションで2年~3年の延長保証
  • 延長保証時の故障は無償もしくは通常より安価に
  • パソコンを含む機械物が壊れやすいのは稼動直後と老朽化時

です。

なお、筆者個人は、いつも延長保証をつけて購入しています。 実際3年以内で壊れたことはないのですが、保証つけておくと安心ですよね。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

広告

パソコン工房外為パソコン

広告

関連記事

サムネイル

[FXパソコン選び]

初心者向けFXノートのおすすめスペック

ノートPCは性能と可搬性を両立している機種が多く、高いパフォーマンスを発揮するのは苦手なものが多いです。 標準的な性能のものは、一部のFX業者のツールは使えないですが、それでも他の業者や日常ユースでは差し支えない性能を持っています。

サムネイル

[FX向けBTOパソコン]

そもそもBTOパソコンってどんな特徴があるの?

BTOは注文者のオーダーメイドで製造できるパソコンで、市販のパソコンよりも安価で高性能な機種を組みやすい特徴があります。

サムネイル

[FXパソコン選び]

FXパソコンのOSはどのように選ぶ?

パソコンのOSによってその機能は異なります。 基本的にはWindowsを選択しておけば間違いありません。

サムネイル

[FXパソコン選び]

FXパソコンに必要な性能を考える

どのようなスペックを持つパソコンがFXに適しているか、CPUやメモリなどの役割にも触れつつ紹介します。

サムネイル

[FXパソコン選び]

FXパソコンはデスクトップかノートか

パソコンの特徴から、FXに適したパソコンはデスクトップなのかノートなのかを紹介します。

サムネイル

[FX向けBTOパソコン]

FXに特化したパソコンってある?-金融トレーディングモデルの紹介-

マウスコンピューターが販売するマルチディスプレイ対応モデルは、FX・株用途が意識されているモデルの1つです。 余計な付属品がつかない分だけ安価で導入しやすいのが特徴です。

サムネイル

[FX向けBTOパソコン]

FXに特化したパソコンってある?その2 -トレーディングパソコンの紹介-

パソコン工房が販売するトレーディングパソコンは、数あるBTOメーカーのパソコンの中でもっとも株・FXに親和性をもたせて販売されています。 液晶やケーブルなど全て一式で購入でき、設置サポート設けられるのが特徴です(1画面モデルを除く)

広告

copyright (C) FXパソコン入門 since 2015 All Rights Reserved.

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、FXパソコンの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がFXパソコン入門(https:https://fxpc.xyz/)であることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。