FXパソコン入門

このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

外国為替取引(FX)や株取引に利用可能なパソコンを紹介するサイトです。
ライトユーザーの日常利用+FXに適したパソコンの情報を取り扱います。

FXにMicrosoft Officeは必要か?

FXにMicrosoft Officeは不要です。 あれば便利な局面があるかもしれませんが、無いからとわざわざOffice付きのパソコンを選ぶ必要はありません。

仮に為替レートなどを記録したい場合であっても、Googleスプレッドシートのように、無料で使えるオフィススィートもあります。 むしろオンライン上で利用できるという利便性から、そちらのほうが便利に使えるかもしれませんね。

公開日:2015年05月21日 最終更新日:2016年05月21日 

広告

はじめに

FXにMicrosoft Officeは必要か?という検索があったために回答として記載してみます。

説明不要でしょうが、Microsoft Officeとは、Microsoft社が販売するWord、Excel、Powerpoitなどのいわゆるオフィススィートのことです。 特に大学や職場などで使う機会の多いソフトです。

Officeは不要

FX取引そのものにOfficeは不要です。 FXとOfficeにお互い依存関係はありませんので、それらのソフトを持ってなくても持っていてもFXはできます。

例えば、ノートパソコンにはOfficeを付属させて販売しているパッケージもあります。 ですが、FXには不要ですから、そのようなパッケージを敢えて買う必要はありません。

自発的に取引記録をつける場合に

例えば、自主的に取引記録や収支記録をつける時に、特にExcelがあると便利かもしれません。 筆者も複雑な利回り計算などをする時はExcelで計算することも多いです。

ただ、近年はExcelである必要はなく、例えばGoogleスプレッドシートのような無料で利用できる表計算ソフトもあるので、やはり敢えてExcelである必要はありません。

例えば、Googleスプレッドシートは、その機能を使って為替レートを取得することができます。 スクレイピングと呼ばれる手法で、為替レート配信サイトの情報をコピーしてくるものです。

わざわざ手打ちで現在のレートを入力するよりなら、決められたタイミングで自動的にデータを取れたほうが楽で便利ですよね。

というわけで、Excelはあれば便利かもしれませんが、なくても構わない、といったところです。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

FX・株取引用の金融トレーディングパソコンについて

一部のBTOメーカーが販売するFX・株取引用の金融トレーディングパソコンを購入すれば、ディスプレイ6枚のデイトレーダー環境を作ることもできます。 汎用的なスペックなので、FXや株取引以外にも利用しやすいのが特長です。

詳しくはFXに特化したパソコンってある? -金融トレーディングモデルの紹介-をご覧ください。

広告

パソコン工房外為パソコン

広告

関連記事

サムネイル

[FXパソコン選び]

FXパソコンのOSはどのように選ぶ?

パソコンのOSによってその機能は異なります。 基本的にはWindowsを選択しておけば間違いありません。

サムネイル

[FXパソコン選び]

マルチディスプレイ可能なノートパソコンってあるの?

ノートパソコンでマルチディスプレイが可能なのか、FX取引は可能なのかをまとめました。

サムネイル

[FXパソコン選び]

初心者向けFXノートのおすすめスペック

ノートPCは性能と可搬性を両立している機種が多く、高いパフォーマンスを発揮するのは苦手なものが多いです。 標準的な性能のものは、一部のFX業者のツールは使えないですが、それでも他の業者や日常ユースでは差し支えない性能を持っています。

サムネイル

[FXパソコン選び]

初心者向けFXデスクトップのおすすめスペック

デスクトップ型はノートに比べて高いパフォーマンスを持つモノが多いので、多くのFX業者の要求環境をゆうに超えることができます。 ディスプレイ設置のためのカスタマイズを考え始めるとPC初心者には難しい点も出てくるので、最初は割り切るか、そもそも金融トレーディング向けPCを買うといった手段もありです。

広告

copyright (C) FXパソコン入門 since 2015 All Rights Reserved.

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、FXパソコンの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がFXパソコン入門(https:https://fxpc.xyz/)であることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。